岩手・県道248号線・・岩手の景勝地・宮古市・浄土ヶ浜を抜けた先の環状交差点。

県道もしくは名も無き道

岩手・国道45号線の浄土ヶ浜西口交差点から始まる県道248号線。岩手の景勝地・浄土ヶ浜に通じる県道。浄土ヶ浜を左手に見ながらZ900RS SE イエローボールを走らせ国立公園内を下り降りると鍬ケ崎(くわがさき)。248号線は県道259号線と合流する。その右手に環状交差点がある。

県道259号線と248号線が交わる場所。

この環状交差点、県道259号線。Z900RSで走る道としては248号線の方が趣きがあるので敢えて248号線から。写真の道路が標識がないが、おそらく248号線。で、T字路で突き当たり右に行けばすぐ、クルクルの環状交差点に進入できる。環状交差点に行く前にちょっと、駐車場、トイレが完備されている浄土ヶ浜ビジターセンターで一休み。できれば、テクで(歩いて)浄土ヶ浜まで行きたい。そして、鍬ケ崎町には、造り酒屋、(株)菱屋酒造店がある。同社のホームページによると、今から150年ほど前の嘉永5年(1852年)に創業。”現代の名工”に選ばれた辻村勝俊社氏の手による旨い酒”千両男山”の名前で製造、販売。日本酒は飲んだ時”おいしいと感じるもの”とは辻村社氏持論ですが、まさにその通りのおいしいお酒を色々取り揃えているとの事。菱屋酒造の日本酒。濃く、料理に合う日本酒。飲んだ時、軽快な感じでなく`ドロッ´とした濃さがある。違和感を始め感じるが「米の旨さ」を濃収縮した良さをじわじわ味わえる。

自宅そばの釜石中央インターチェンジから三陸道に入り、宮古北インターで降り、国道45号線へ。県道248号線、259号線を使い、国道45号線に再び入る。国道45号線を南下、宮古盛岡西道路および三陸道の標識のある信号を右折、宮古中央ICから三陸道へ。釜石中央ICまで一直線。軽~くZ900RSで流すと距離120㌔ほど、約2時間のツーリング。

宮古市内から259号線で来るとこの標識が見える。グーグルで見ると、㈱菱屋酒造は、この通りの左手にある

コメント

タイトルとURLをコピーしました